袴レンタルの平均的な費用

Pocket

結婚式や成人式など、限られた場面でしか着る機会のない袴。
小物から全て揃えようとすると、かなりの出費になってしまいます。そこで、袴レンタルを希望される方も多いでしょう。

それでは、費用は平均でどれくらいかかるのでしょうか。 男性用の紋付袴は、着用するのにさまざまな小物も必要です。
レンタル店では、それらの付属の小物もセットにして貸してくれるところが多いようです。
袴と着物の他に、付属品は、羽織、長襦袢、角帯、羽織紐、雪駄、足袋や腰紐などです。全てセットで、費用は大体3万円から5万円くらいが相場のようです。

特に、普通の黒紋付袴であれば、3万円前後で借りられるようです。ブランドや、いちおしの新柄などになると、5万円ほどするようです。
さらに、これらの基本の付属品に、オプションでセンスなどの小物もレンタルすることができます。
結婚式などで一日レンタルする場合も、品によっても違いますが、5万円くらいから借りられるところが多いようです。

袴レンタルをする場合は、直接専門店に行って自分の目で確かめ、試着して借りるのが理想ですが、近くにそのような専門店がない場合もあります。
そのような場合は、今はネットでも袴レンタルを扱っているところが多くありますので、それを利用するのも便利です。
ネットのレンタルサービスでは、サイズなども豊富にそろえられていますし、柄などの種類も多く扱っています。
また、店によっては、クリーニング不要、送料無料などのサービスも充実しているようです。